隣保事業(地域福祉事業)
外国にルーツをもつ子どもの学習支援教室   はいず

この活動は、豚まん基金・株式会社労祥記(赤い羽共同募金)の助成を受けて活動しています。


「はいず」は中国語で「子ども」という意味です。
外国にルーツをもつ子どもたちは日常会話は困らないけれど、学校の勉強(微妙な言い回しや文章問題など)になると難しいと感じてしまうことがあります。
「はいず」では、たくさんのボランティアさんに協力いただきながら、子どもたちの学習面のサポートを行っています。 同時に、安心できる居場所、自分たちのルーツを誇ることができる場所を目指しています。
「はいず」は神戸定住外国人支援センター(リンク)と協力し運営を行っています。

はいず
  • 小学生~中学生
    <時間>
    金曜日クラス   16:00~17:30
    <月謝>
    1,000 円
  • 大人のクラス
    大人の方も申し込みいただけます。
    詳しいことは賀川記念館にお問い合わせください。