労働者農民の自由と幸福のために

  • 1918

    賀川が、2年8箇月のアメリカにおける神学研究をおえて帰国したころは、イギリス流の労働運動が日本ではじまり、 「友愛会」という名が漸く労働者の口にのぼるようになっていた。賀川はすすんで友愛会に加入し、労働者と接してその生活にふれることができた。
    その頃は労働者の人格はみとめられず、八時間労働制も団体交渉権も問題にされない状態で、資本家に反省をうながすことも、 労働者の教養をたかめることも困難をきわめた。
    また、当時の社会思想界は混沌としていて、ギルド社会主義、アナキズム、ボルシェビズムなど入りみだれて勢力を競い、 それが労働運動者を四分五裂しようとするので、組織も団結も容易なものではなかった。その中で賀川は暴力を否定し、人格を重んじ、議会政治をみとめ、 いわば人格社会主義の立場をとった。 だから、一部の急進的な労働運動者には攻撃されたが、関西地方の労働者たちは、賀川の穏健な運動方針に心よくしたがった。

  • 1921

    神戸市の川崎造船所、三菱造船所の争議は、参加人員三万、争議日数六十日という日本はじまって以来の大争議であった。 結果においては労働者側の敗退に終ったが、秩序を保った暴力否定の争議ぶりは、日本労働運動史上に大書せらるべきものであった。
     その秋、賀川は同志と語って日本農民組合の組織にとりかかった。農民も、労働者と同じように資本家である大地主には極めて弱いものであった。 その生活は苦難にみち、子弟の養育もできないほどきびしい小作契約によって束縛されていた。 農民運動の表面の目標としては、小作料の適正化、小作契約の正常化をうたっていたが、「土地を働くものの手に」という究極の願望を秘めていた。 小作契約は年とともに改正されていったが、土地問題の解決はその見通しもつかないようであった。 しかし、第二世界大戦終了と同時に農地解放が行われ、働く農民が自分の大地に鍬をうち込むことが出来る時代になった。

    三菱造船所の争議に参加した賀川豊彦 労働者新聞 印刷工新聞

  • 1923

    一般が次第に目ざめてくると、大衆が選挙権をもって政治に参与できるようにとの願いから、普通選挙運動がさかんになってきた。 賀川はその先頭に立って議会政治への参加と、社会主義政党の出現をねらった。 アナルコサンジカリズムを奉ずる労働運動の一派は、過激な言動をもって大衆を煽動する方法にでていたが、 それを封ずるかの如く1925年普通選挙法が国会を通過した。

  • 1924

    賀川は労働者農民が真の自由と幸福を得るには、普通選挙からさらに一歩をすすめた社会主義政党を作らなければならないと考えていた。 それだから1925年アメリカを一巡してヨーロッパに足をふみいれると、機会をつくって労働組合運動と労働党の研究に没頭した。 イギリスではイースト・ロンドンを訪ねるとともに、ラスキン労働大学を見学し、マクドナルド首相、 ボンドフイルド女史と労働党について語りあったのもそのためであった。 フランスでは労働総同盟を訪問したり、ジャン・ジョーレスについて調べるところがあった。
     ところが社会運動はだんだん共産主義化していった。それと勢力を競うように右翼団体の活動が活発化し、相ついで高位高官の暗殺事件がおこった。 右翼と結びついた軍閥の動きもはげしくなり、満洲や中華民国に兵をおくって国際間に物議をかもした。 賀川はさびしくそれを眺め、正しい日本の建設のためには、聖書に基盤をもつ社会事業、労働運動、経済運動がなければならぬことを考え、 宗教運動として「神の国運動」を全国に展開した。 また、農村の二、三男問題、人口食糧問題、冷害凶作の解決法まで憂えて、作物と家畜と樹木作物を組合せる立体農業を唱え、 農村の青年男女に希望をつないでいた。

  • 1945

    はげしかった第二世界大戦が終ると、賀川は同志と共に日本社会党を結成し、国会に多数の同志を送り出すことができた。 1947には、社会党の片山哲を首班とする内閣が成立した。