トップページに戻る
社会事業における開拓的役割 労働者農民の自由と幸福のために 兄弟愛による協同組合運動 世界国家と平和運動 キリスト教伝道者としての賀川豊彦

世界国家と平和運動


世界国家と平和運動

1902 賀川豊彦が、平和思想を抱くようになったのは「聖書」をよみはじめてからである。仏教と古い伝統に生きていた1900年時代の日本において、「聖書」をよむことは冒険であった。ことに、両親を失って、伯父の家に寄寓していた賀川が、「聖書」をよむことは無暴というものであった。しかし、少年賀川は「聖書」を人間行動の基準にして、生きてゆくかたい決意にみちていた。そればかりでなく、聖書に示されている神と、神の愛を説くことを生涯の仕事にしようと、すでに伝道者としての召命をもっていた。

1905 日露戦争当時である。トルストイの「我宗教」「我懺悔」が翻訳され、たちまちベスト・セラーとなった。賀川もこれをよんで平和思想と無抵抗主義について強い示唆をうけた。中学校卒業を目前にして、軍事教練の時間、突然銃を地面になげ出して、「人殺しのまねはいやだ」と叫んだことがあった。怒り狂った教官は、その顔をなぐりつけ、足蹴にした。校庭に倒れ、血にそまってうめいていた賀川は、自己を平和主義者の一人として任じて悔いなかった。

1906 徳島中学校を卒業した賀川は、明治学院神学部にすすんだ。1906年の夏賀川は「世界平和論」をつづって、徳島毎日新聞に投稿し、三回にわけて掲載された。それはカントの平和論を引用し、マルクスの主張、カーライル、ラスキン、トルストイなどの言葉をかりて人道の本義を語り、無抵抗主義を説き、帝国主義から社会主義への道を論じ、遠く世界の平和にまで論及したものであった。
 賀川においては、平和はキリスト教信仰と併存するものでなく、キリスト教信仰即平和であった。
無抵抗主義者として大きく世間につたえられたのも、平和主義者の一面のあらわれであった。
 その当時、平和を論じた主なものに、次のようなものがある。

軍国主義に就て 「人間苦と人間建築」 1920
戦争の哲学 「生存競争の哲学」 1922
愛と暴力 「愛の科学」 1924
平和の愛好者日本 「賀川豊彦氏大講演集」 1926
  「戦争は防止し得るか?」 1935
世界平和と神的意識 「処世読本」 1937
世界平和と国際協同組合運動「産業組合の本質と其進路」 1940


1921 イエスの友会を創立すると、五綱領をさだめ、その中に「世界平和のため努力すること」の一項目を加えて、その方針を指示した。イエスの友会では、つよくこれをまもることを誓って今日に及んでいる。

1925 ヨーロッパを旅行中、ロンドンにおいてタゴール、ガンジー、アインシュタイン、ロマン・ローランらと名を列ねて、徴兵制度反対の宣言書を国際連盟に提出した。これを軍部が聞知してからは、賀川の言動を厳重に監視するようになった。

1938 第二世界大戦がはじまる前は、賀川の行動に監視がつき、言論の自由が甚しく束縛された。1938年小説「約束の聖地」のなかに「宇宙の真理を求めようとするような人間の行動は、露ほども見られなかった。勿論人類を相愛互助の世界に導かうとする真剣な態度は露ほども発見することは出来なかった」と記したことが、法律にふれるといって削除を命ぜられた。1940年8月には反戦論の疑いで憲兵隊に拘引され18日間留置の憂目にあい、それにひきつづいて1922年以来毎月刊行されていた雑誌「雲の柱」は発行停止処分をうけた。「雲の柱」の終刊号の巻頭には「エレミヤ哀歌に学ぶ」という賀川の説教がのった。その終りの部分に、「口を塵につけよ、エレミヤ哀歌にこの真理をうたった詩人の気持を理解しなければならない。そうすれば神は永久に民をすて給わぬということが自らわかってくるのである。世界の理想は神中心の神の国の組織である。そこにはいささかも悪の支配もなく、たゞ愛と謙遜と知識と芸術とが支配するのみで、即ち正しき者が勝利を得る世界である。この究極の真理を忘れてはならない。これを忘れる者が負け、これを忘れない者が勝つのである。
 世界を救う真理のためには徹底的のはずかしめを受けることも時には忍ばなければならない。世の救いのためには癩者の膿をすう覚悟がいる。即ち、口を塵につけよ、あるいは望みあらん。おのれを打つ者に頬をむけ、充ちたれるまでにはずかしめをうけよである」と書いたのが、検閲者の目にとまり、終刊号は発売禁止となり、雑誌は没収された。

1941 4月アメリカに赴き300回をこえる講演で、日米両国間の平和をとき、戦争をさけるために努力した。9月5日晩、西荻窪の有馬頼寧のところで、近衛首相と約三時間日米平和工作について懇談した。その後いよいよ日米の風雲急をつげたとき、首相がルーズベルト大統領と会談したい、と、いうことをスタンレー・ジョーンズ並びに大統領に、賀川が打電した。
 打返しスタンレー・ジョーンズからの電報は、「ここ一週間があぶない。ワシントンで徹夜の祈祷会を開くから、東京でも開け」というのであった。賀川は同志たちと連日連夜不眠の祈祷会をひらいた。一週間つづけた後、ローソクの火をふき消したとき、真珠湾攻撃の報が、ラジオのスピーカーから流れでていた。

1943 5月27日、神戸市における伝道集会の講演が反戦思想、社会主義思想の故をもって神戸相生橋警察署で取調べられ、また11月3日から9日間、反戦的行為があったとして東京憲兵隊本部の取調べをうけ、ついに友和会の解散、国際戦争反対者同盟からの脱退を強要され、その後の宗教運動も制限をうけるようになった。

1945 戦争は終った。8月19日(日)賀川は松沢教会の講壇からざんげの心をこめて戦争の罪悪を反省し、新しい方向は「世界国家」の建設であると説いた。8月30日、読売報知に「マッカーサー総司令官に寄す」一文を書き、日本民族の特異性をのべ、今後は世界文化への貢献、世界平和への奉仕に役立ちたい、その具体策としては国際協同組合と世界国家を提唱したいと記した。
 9月27日には国際平和協会をつくり、次の綱領をかかげた。
  1. 我らは新憲法の精神にもとずき世界平和に貢献せんとす
  2. 我らは侵略戦争の絶滅と世界における徹底的軍備縮少の実現を期す
  3. 我らは世界における搾取と独占とを否定する協同組合的精神による国際的恒久平和の徹底を期す
  4. 我らは宗教、社会、政治、経済、教育、文化その他万般の人間活動を通して人類相愛互助の実現を期す

1947 シカゴ大学名誉総長ロバート・ハッチンス博士らの「世界憲法草案」を翻訳した。

1949 世界連邦会議並びに道徳再建設運動(MRA)に招聘をうけて、渡航願書をG.H.Q.に提出したが許可されなかった。12月には、かねてから国会に働きかけていたことが実をむすび、世界連邦日本国会委員会を結成した。

1951 世界連邦アジア会議は、11月3日から4日間にわたり、広島市において開催され、インド、インドネシア、マライ、カンボジア、ヴェトナム、フィリピン、中国、台湾、韓国、沖縄、ドイツ、イギリス、アメリカの各国から、ボイド・オア(世界連邦世界運動会長、イギリス)、R・B・パール(元極東軍事裁判所判事、インド)、T・アブドル・ラーマン(マライ連邦首相)、S・ソンサイ(前カンボジア国会議長)、I・P・ノール(インドネシア国会議員)等をふくむ代表約350名が出席した。そして次の宣言を決議した。
「いまや全人類は、あげて原爆戦争の惨禍におびえ、その非人道性を悲しむとともに、国際的抗争によりて激化せられつつある第三次世界戦争の危険を如何にして阻止せんかに悩んでいる。
世界連邦アジア会議は、この会議が原爆の地広島に開催された歴史的意義にかんがみ、戦争の絶滅を期する厳粛なる決意を新にするとともに、世界連邦の基礎たる人類同胞愛の精神を強化するため、次の諸項を満場一致をもって採択決議し、これを全世界に宣言する。
  1. 原子兵器の製造ならびに使用を禁止する。
  2. 軍備の全廃を目標として各国の現有軍備を徹底的に縮少する。
  3. 人種的差別を撤廃し基本的人権を確立する。
  4. 宗教的偏見を排除し,世界各宗教の提携を促進する。
  5. 速かに各国における戦犯ならびに俘虜を釈放する。
  6. 人口問題の解決のため世界資源の開放を期する。
右の精神原理と協議事項を貫徹する方法として、われらはマハトマ・ガンジーの「真理の把持」の原理にたちて世界連邦運動を強力に推進する。」

1954 3月、世界連邦世界運動会長ラルセンおよび名誉会長ボイド・オア卿の署名で、賀川に世界連邦世界運動副会長就任の依頼があり、それを承諾した。  国連未加盟国会議を5月2~4日にひらき、平和機構の世界性を主題として、
  1. 何故、多くの国家は国際連合に加盟できないか
  2. 何故に、ある国家は国際連合に加盟しようとしないか
  3. 全世界を包含する平和機構は何であるか
について討論した。賀川は議長として会議の進行にあたった。
 第二回の世界連邦アジア会議は11月1~5日に東京で開催、インド、インドネシア、タイ、フィリピン、中国、台湾の諸国およびイギリス、フランス、アメリカ、スイス、イスラエル、ニュージーランドから代表が参加した。
 東京会議終了後、長崎、広島、亀岡などでも諸種の会合がもたれ、またこれと併行して第二回アジア協同組合懇談会を東京で開催、賀川はいずれの会議にも議長として活動した。

1956 11月26日、戦争放棄促進大会を東京で開き、賀川は「日本憲法で戦争放棄を宣言したことは、世界史的な大事件であり、われわれはこれを守りぬいてゆくことは勿論、世界各国にむかって、日本にならって戦争を放棄するように説得すべきである。日本は国内的には政治、経済、社会的な大改革を通じて国民生活を安定させ、外には厳正中立を守って紛争の和解、仲裁役にならねばならぬ」と説いた。
 12月、日本と韓国との国交が第二世界大戦以来絶えているのを憂えて「李承晩大統領に訴う」公開状を毎日新聞紙上に発表し、つづいてその返書をうけた。賀川はすぐ韓国の代表部に金公使を三度訪ねて話しあい、鳩山首相、緒方竹虎にも会見して、日韓の国交回復につとめるところがあった。

1957 アジア・アフリカの提携と協力、原子核兵器の禁止と軍備の撤廃、国連の強化とその世界連邦化の三議題をかかげて、第三回世界連邦アジア会議が10月18~21日まで京都で開催された。インド、ブルネイ、シンガポール、さらにイギリス、アメリカ、ドイツの各代表、日本側協議員631名が出席し、A-A各国の指導者民間各層および、ヨーロッパ、アメリカの世界連邦運動の同志から二百通にのぼるメッセージがよせられた。下の如き「京都宣言」を発表して会議は無事終了した。この度も賀川は議長の一人として活躍した。
 京都宣言
 とどまるところなき科学の進歩はついに人工衛星を生んだ。しかるに精神面は依然として前世紀的である。そこに人類の悲劇がある。
 核兵器の禁止は全人類の願いであり、平和をもとめる声は全世界にわきあふれている。しかも強大国は己れの安全を軍備に依存せんとし、今なお万人の生存をおびやかす核兵器を製し、実験をつづけている。何たる非人道的振舞であろうか。
 他方国際連合は大国に圧せられてこれを阻止する能力なく、その機能はすでに限界に達している。ここに国際憲章を速やかに改正し、国際連合を強化して新しい世界秩序を樹立しなければならない。
 われわれは世界社会の基調たる人類の良心と愛とにより、たがいに緊密なる協力提携をはかるとともに、核兵器の全面禁止と軍備の撤廃、戦争の絶滅を期し、恒久平和をもたらす世界連邦の速やかなる実現に向って努力し、邁進する。

1958 世界平和のためのキリスト者国際会議を8月14日、東京青山学院で開き、世界の現実が平和か破滅かのわかれ目にあるとき、世界のキリスト者が国境をこえて一堂に会し、主キリストによりつつ神に祈り、われわれの罪をざんげしつつ「キリストは私達の平和」であることを確認しあい、世界の平和のために祈りをともにしたいという趣旨のもとに会同した。海外参会者はアルゼンチン2、オーストラリア3、カナダ16、コンゴ1、イギリス4、フランス1、ドイツ5、ガーナ1、ギリシャ1、インド10、イラン1、ケニア1、ニュージーランド2、ナイジェリア1、ペルー2、フィリピン2、タイ1、アメリカ41の18箇国95名であった。
  賀川はここでも議長をつとめ、「このようなキリスト者国際平和会議を毎年開きたい」と挨拶した。