トップページに戻る
賀川豊彦献身100年記念事業に関するイベント

賀川豊彦献身100年記念事業に関するイベント



「賀川デー(100 年シンポジウム『ともに生きるために』- 公共福祉という試み - )」
開催延期のお知らせ


今週末、3月19日(土)に予定をしていました、「第1回賀川デー」を延期することにいたしました。

100年シンポジウム「ともに生きるために」も延期いたします。

「第2回賀川賞」授与の式典も延期いたしますが、 賞状と記念品は受賞者にお送りすることといたしました。

東北から関東の太平洋側が大きなダメージを受け、近しい人を亡くし、財を失い、地域の繋がりが分断されています。
多くの命が奪われ、50万に近い人たちが避難生活を強いられています。
田畑が海水を被り、漁船は壊滅、会社や店舗が流され、あらゆる経済活動が破綻しています。

日本直下のプレートの動きが基盤電力を崩し、糸魚川から東側では、被災地救援に加えて、自らの暮らしにも意識を向けなければならない状況となっています。

この痛みとともに生きていきましょう。
今、私たちがそれぞれの場にあって、しなければならないことが沢山あるように思います。

「賀川デー」を延期としましたが、私たちの繋がりをもって、痛みにいきている方々のためにともに生きていきましょう。

賀川記念館 館長 賀川督明